ヒロセ技研株式会社ROROシリーズ


S-10S-10S-50S-50S-140S-140HSトラスHSトラス

チャック&スティフナージャッキチャック&スティフナージャッキ

会社案内会社案内求人案内求人案内リンク集リンク集お問い合わせお問い合わせ

環境・道路騒音対策事業環境・道路騒音対策事業コンスパン工法コンスパン工法

 

トップページ | 会社案内 |

 


COMPANY PROFILE
会社案内

会社概要営業所所在地・工場マップ事業沿革

地球環境保全が私たちのテーマです。

 ヒロセ技研は、道路建設における仮設支保工レンタル業のパイオニアとして、お客様の「安全」と「コスト削減」を実現すべく、時代のニーズにマッチした商品「RöRo支保工シリーズ」を市場に提供し各方面よりご好評を頂いております。
 また、環境保護の為に騒音防止に取組み、様々な種類の吸遮音壁を取り扱って居ります。例えば、ポーラスコンクリート製吸遮音板の量産商品化を国内で始めて行い、更に市街地に於ける道路の騒音対策として低層吸遮音壁「美・サイレント」を開発商品化し、今後もよりお客様のニーズにお応え出来るよう絶えず研究開発に取り組んでまいります。

 

企業理念


純粋無垢な心を持つことを出発点とする。

行動指針

常に正道を歩み互いに敬い、仕事を愛し誠実に業務を遂行する。
変化を恐れず新しい事に挑戦する。

会社概要


社   名

ヒロセ技研株式会社

設   立

平成4年2月

代 表 者

代表取締役社長 廣瀬清治郎

資 本 金

5,000万円

社 員 数

63名

年   商

平均年商 25億円

取 引 銀 行

三菱UFJ銀行心斎橋支社、りそな銀行、みずほ銀行

主要取引先

IHIインフラ建設、安部日鋼工業、オリエンタル白石、川田建設、極東興和、昭和コンクリート工業、ドーピー建設工業、日本高圧コンクリート、日本ピーエス、日本ファブテック、富士ピーエス、三井住友建設、IHIインフラシステム、瀧上工業、巴コーポレーション、日立造船、三井造船鉄構エンジニアリング,宮地エンジニアリング、鹿島建設、清水建設、大成建設、大日本土木、豊田、日建リース工業、他

主要仕入先

ヒロセ、兼松トレーディング、島田商会、丸藤シートパイル、他

営 業 所

大阪、東京、名古屋、福岡

営業所所在地・工場マップ

大阪本社・本店
〒542-0081
大阪市中央区南船場1-17-11(上野BRビル2F)
TEL 06-6264-7370  FAX 06-6264-7233
東京支店
〒135-0016
東京都江東区東陽2-2-4(マニュライフプレイス東陽町3階)
TEL 03-5677-3266  FAX 03-5677-2036
名古屋支店
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2丁目19番1号(名古屋鴻池ビル12階)
TEL 052-209-6858  FAX 052-209-6859
九州支店
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-20(第二博多相互ビル4階)
TEL 092-434-1281  FAX 092-434-1284
大阪工場
〒552-0013
大阪市港区福崎二丁目2-30
TEL:06-6574-8971 FAX06-6574-8980
東京工場
〒270-1618
千葉県印西市つくりや台1-1
TEL:0476-99-3666 FAX:0476-99-3667
九州工場
〒861-0133
熊本県熊本市北区植木町滴水1181/(有)日幸工業内
TEL:096-273-2477 FAX:096-288-0420
北海道工場
〒053-0056
北海道苫小牧市あけぼの町4-9-1095/協同運輸竃k海道営業所内
TEL:0144-82-8824 FAX:0144-82-8823

事業沿革


昭和60年

ヒロセ技研の前身である(株)廣瀬清三郎商店にて、ドイツ ティッセン社よりRöRo支保工の技術ライセンスを獲得、日本国内で仮設大型パイプ支柱製造販売(RöRo S-50システム)、及びリース開始。

平成元年2月

ポーラスコンクリート製吸音板(名称ハイ・サイレント吸音板)の開発。

平成4年2月

ヒロセ技研株式会社設立。同時に(株)廣瀬清三郎商店より、仮設大型パイプ支柱の製造、販売、並びにリース業務等の営業権を譲り受け、業務スタート。

平成4年10月

沖縄「那覇空港」にてハイ・サイレント吸音板の初施工を行う。

平成6年4月

RöRo S-50システム(50トンシリーズ)に加え、新たにRöRo S-10システム(10トンシリーズ)を開発、東京フォーラムの施工に活躍し多大な評価を得る。

平成7年1月

阪神大震災発生、震源地の兵庫県淡路町にて本四連絡橋「茶間川高架橋」工事現場において、RöRo支保工仮設橋が震災に耐え、高い評価を受ける。

平成9年4月

東京支店開設。

平成10年4月

作業効率、安全性を考え中段足場の開発を行い、エクスパンドメタル製足場(名称EG足場)を完成させる。

平成11年12月

九州営業所開設。

平成12年2月

コンスパン®社と技術提携。ボトムレス・アーチ・カルバート工法の国内特約店となる。

平成13年6月

名古屋支店開設。

平成13年10月

RöRo支保工システム第3段として、S-140システム(140トンシリーズ)を開発。

平成15年3月

ハイ・サイレント吸音板シリーズとして、低層遮音壁(名称 美サイレント)を開発。

平成18年3月

美サイレント遮音性向上の為、上端部に透光板(1m)を追加。

平成19年10月

「コンスパン」工法によるプレキャスト・アーチカルバート橋の日本国内での施工累計が100橋を越える。

平成20年6月

「美サイレント」は(財)大阪デザインセンターより、「住・生活環境デザイン部門」でグッドデザインに選定される。

平成21年3月

大気浄化機能付き吸遮音板「NNCパネル」を大阪ガス葛yび中央復建コンサルタンツ鰍ニ共同開発しNETIS登録を行う。

平成24年3月

プラロード事業に参入、大分県竹田市菅生に於ける「九州北部豪雨災害復旧工事」にて、ご採用を頂く。 結果、環境にやさしく、さらに施工性や安定性の高さなど、高い評価を得る。 その後、西日本各地に拡大を続ける。


製品案内

仮設支保工
 > S-10
 > S-50
 > S-140
 > HSトラス
 > ロロ・仮設桟橋・構台工法

環境対策
 > L型プレキャスト低層遮音壁
「美サイレント」

 > ポーラス・コンクリート吸音板
「ハイ・サイレント」

 > 金属製低層遮音壁
「アル美サイレント」

アーチ・カルパート橋
 > コンスパン工法

プラロード
 > プラロード

ダウンロード

マニュアル
 > S-50

部品一覧
 > S-10
 > S-140
 > HSトラス
 > チャック&スチフナーJ
 > 吸音板
 > コンスパン

地図データ
 > 福崎工場(大阪)
 > 東京工場(千葉県印西市)
 > 熊本工場(九州)

 

↑ このページのトップに戻る 

 


(c) Copyright 2003 HIROSE GIKEN CO., LTD. All rights reserved.